ハクビシンの季節別行動パターン。繁殖期や冬眠まで徹底解説

ハクビシンの季節別行動パターン
▽ 厳選おすすめ害獣駆除業者トップ3!迷ったら「ホームレスキュー」で無料相談 ▽

【1位】 ホームレスキュー《再発保証が最長10年!最安値保証つき》
▶ 対応エリア:関東・関西・愛知県

【2位】 ハウスプロテクト《10年以上の経験!再発を防ぐ施工が強み》
▶ 対応エリア:関東・関西・東海・九州

【3位】 害獣駆除110番《東証一部上場!信頼性No.1で初めての依頼でも安心》
▶ 対応エリア:日本全国

※どの業者も見積もりや出張調査費は無料で、追加請求もありません。

詳しい説明は「ハクビシン駆除業者おすすめランキングTOP10!選び方や費用相場、料金まで徹底比較」から!

「ハクビシンってどの季節に活動するんだろう。冬眠はするのかな…?」

と思っている方へ向けて、ハクビシンの季節ごとの行動パターンをまとめました。

ハクビシンは季節ごとに行動を変える動物で、その行動を逆手にとって対策することが重要です。

ポイントは気温の上がり下がり。

気温に合わせたハクビシンの行動を知ってから対策することで、最も早く安心して生活できるようになります。

まずはこの記事で、季節によるハクビシンの行動の違いを大まかにおさえましょう。

結論:ハクビシンは通年で子供を作るので、見つけたらすぐ対策を!

ハクビシンは冬眠することなく、通年で活動します。

はっきりした繁殖期はなく、食べ物に困っていない状態であれば年じゅう子供を産むことが可能です。

そのため季節に関わらす「ハクビシンがいるかも?」と思ったら、子供をつくられる前に対策する必要があります。

そもそも冬眠とは、眠ってエネルギーの消費をおさえることで、食べ物がない厳しい冬を乗り切るための習性です。

しかしハクビシンは民家に住みつくことで、あたたかい環境を手に入れて冬も活動。さらには繁殖までしてしまいます。

【季節別】ハクビシンの行動パターン

ハクビシンの行動は季節によって以下のようなパターンをとります。

  • 春:気温が上がるとさかんに繁殖
  • 夏:農作物を荒らす。屋根裏から出ていくことも
  • 秋:寒くなると、あたたかい屋根裏に住みつく
  • 冬:動き回らず、まわりの食物を食べて越冬する

春:気温が上がるとさかんに繁殖

春になって寒さがやわらいでくると、ハクビシンはだんだんと行動しはじめます。

冬とくらべると、動く範囲も広くなりやすいです。

繁殖しはじめるシーズンでもあるので、ハクビシンに住みつかれた場合は春までに駆除しておきたいところです。

ハクビシンは生まれて10ヶ月で繁殖できるようになるため、もし対策しないと糞尿などで手がつけられない状態になる可能性も捨てきれません。

なにかがいる気配がしたら、業者の無料調査を依頼することをおすすめします。

夏:農作物を荒らす。屋根裏から出ていくことも

夏になって作物ができはじめると、ハクビシンはそれを狙って食い荒らします。とくにスイカなどの果物は好物のため、食害にあいやすい傾向です。

気温が高くなって屋根裏が高温になると、ハクビシンは出ていくこともあります。

しかし冬になったら出たハクビシンが戻ってきたり、別の動物が住み着いたりする可能性があるため、対策は欠かせません。

出てしまったスキに侵入口をふさぐ方法もありますが、子供が残っていると天井裏で死んで腐ってしまうため、業者に依頼してチェック・対策してもらうのがおすすめです。

秋:寒くなると、あたたかい屋根裏に住みつく

だんだん気温が低くなると、ハクビシンはあたたかい屋根裏に住みついて、冬にそなえて準備をはじめます。

糞尿が天井裏にたまるため、天井のシミや悪臭、健康被害が起こることも。

秋ごろだとまだハクビシンは活動できるため、夜中にドタバタとうるさくて眠れないなどの被害も起こります。

ハクビシンは捕獲に免許が必要です。「何かいるかも…」と思ったらすぐ業者に連絡するのが、最も早く安心して生活できるようになる手段といえます。

冬:動き回らず、まわりの食物を食べて越冬する

ハクビシンにとって冬は苦手な季節。そのため動かずに、屋根裏などのあたたかくて雨にぬれない環境で過ごそうとします。

住宅街であれば生ゴミなどを食べることも。じゅうぶんに栄養が蓄えられたら繁殖することも少なくありません。

寒い時期はすみかを移すことはないため、屋根裏などに住みつかれたら糞尿の被害は避けられません。

もし屋根裏でフンをされてしまった場合は、業者に駆除・消毒を依頼することをおすすめします。

ハクビシンの特徴、生態

ハクビシンの特徴や生態を表にまとめました。

最も大きな特徴はニョロリと長いしっぽで、体と同じくらいの長さがあります。

大きさネコと同じくらい。しっぽが長い
頭は白と黒、体は淡い茶色
鳴き声キューキュー、キーキー
性格臆病だが、危険を感じると攻撃的に
食べ物雑食、好物は甘い果物
弱点威嚇音、強い香り、肉食獣のニオイ
生態、習性夜行性、ため糞、群れの形成

見慣れない動物で見分けにくいと思うかもしれませんが、しっぽなど特徴的な部分をチェックすれば識別は簡単です。

季節は関係ない!ハクビシンがいたら今すぐ対策しよう

ここまでハクビシンが季節ごとにとる行動とその対策について紹介しました。

まとめるとハクビシンの季節別行動パターンは以下のとおりです。

  • 春:気温が上がるとさかんに繁殖
  • 夏:農作物を荒らす。屋根裏から出ていくことも
  • 秋:寒くなると、あたたかい屋根裏に住みつく
  • 冬:動き回らず、まわりの食物を食べて越冬する

対策としては【住宅であれば業者に無料調査を依頼する】のが、安全かつ確実です。

気になる方は「ハクビシン駆除業者おすすめランキングTOP10!選び方や費用相場、料金まで徹底比較」をご一読ください。

結局、どの駆除業者がいいの?
「今すぐ駆除したいけど、どの業者がいいのかわからない」という人向けに、当サイトおすすめの業者をまとめました。 業者どうしの比較も簡単にできるので、害獣駆除でお悩みの方はぜひご一読ください!
ユージ&ハルをフォローする
ハクビシン戦記
タイトルとURLをコピーしました